2019.11「ビジットネパール2020」観光親善大使に任命

 11月13日、当会の石岡博実名誉会長がネパール連邦民主共和国政府より『ビジットネパール2020・観光親善大使』として任命され、併せて社会活動家として表彰されました。この顕彰は現在、日本人では林真理子氏らの3人のみです。
 これまでの足かけ17年間・40回にわたるネパールとの文化交流や社会貢献活動、並びにこうした活動の将来への継続性が認められての顕彰となりました。

 ネパールとの交流は、2003年の大月ロータリークラブ40周年事業として和太鼓演奏を披露したことを契機として現在に至ります。
 その間の交流活動は訪問のみに留まらず、日本への学生交流団の招聘も14年・16回を数えます。和太鼓演奏指導はもちろんのこと、チャリティーコンサートや両国学生交流、各種イベントなど、より一層の交流を推進し、積極的な社会活動を展開して参りました。
 さらに不登校児童へのサポート、日本の大学とネパール大学の協定やネパール国と山梨県による農業支援協定なども現在同時に推し進めています。こうした活動はすでに両国それぞれより「外務大臣表彰」を受けております。

 社会活動の発端は「阪神淡路大震災のボランティア活動」。この時の会社(日本ステンレス工業を挙げてのボランティア活動の経験が「紅富士太鼓の結成へと向かい、さらには国際文化交流へと紆余曲折の歴史を経て今日を迎えています。
 もちろん今まで順風満帆で進展して来たわけではありません。「企業メセナ」あるいは「ボランティア活動」は一部の篤志家、資産家、大企業の行うものという風潮の中、さまざまな評価をお受けすることが多々ありました。
しかしながら、石岡会長の基本理念である「行動が無ければ一センチの進歩もない」の実践でいかなる時も歩みを止めず来られた活動は、現在、ネパールの要人はもとより、国内においても政・財界、教育者、知識人、有識者の方々からの評価と協賛をいただいております。

 この度の観光親善大使への任命は、2020年に200万人のインバウンドの集客を目指すネパールの文化・観光・民間航空省が展開する「Visit Nepal 2020」に於ける直々の選任であり、弊社としてもこれまでの活動を評価いただいた上での栄誉と捉えております。

 今後も両国の交流と文化の発展のための活動をますます活性化させて参りますので、どうぞご理解とお力添えを賜れますようお願い申し上げます。

2019.11月ネパール友好活動

11月21日 ネパールビジネスセミナー参加

 (一社)日本ネパールビジネス交流会が主催する「第6回ネパールビジネスセミナー」が開催されました。当日はNPO法人グラウンドワーク三島・都留文科大学の渡辺豊博教授と、当会の石岡会長が講師として招かれました。

 ネパールとの交流と支援の歴史と、今後両国における社会貢献事業やビジネスの展望について講演をおこないました。

渡辺豊博氏
石岡博実氏

11月25日 ネパールを熱く語る会 参加

 伊藤ゆき氏を講師に、ネパール人の留学生や技能実習生の厳しい現状や日本の入管法についてお話しいただいた。また都内でネパール人を主体とした幼稚園からのインターナショナルスクールを経営する方のお話しなど、日本にいるネパール人を取りまく実態や問題について講演いただいた。

2019.11 ビジットネパール2020関係者来日

 ネパール文化・観光・民間航空省によって発表された、「Visit Nepal 2020」をご存知でしょうか。
 「ネパール観光年2020」として、2020年に200万人のインバウンドの集客を目指したキャンペーンとして、同省から各国への働きかけが始まっています。
 2019年11月26日に、ネパール文化・観光・民間航空省大臣秘書 BACHCHU N. SHRESTHAさんとビジットネパールプログラムコーディネーターの BWAMBHAR GHIMIREさんが来日し、様々な場所でネパールの観光のプレゼンテーションを行いました。
 ネパールとの友好活動に於いて実績のある弊社が紹介と案内をさせていただきました。

11月27日(水)  静岡県三島市訪問

バイオトイレ設置に向け三井住友建設と打ち合わせ
源兵衛川視察

11月28日(木) 山梨学院大学訪問

山梨学院大 学長と懇親
生徒にネパールをプレゼンテーション

11月29日(金)表敬訪問

山梨県知事
大月市長
太田あきひろ 衆議院議員

11月30日(土) ラナ大使公邸訪問

在日ネパール大使館
海外在住ネパール協会懇親会

2019.7月 ラナ在日ネパール大使を山梨にお迎え

 7月11日〜13日の日程で在日ネパール大使のラナ氏を山梨にお迎えし、12日には山梨学院大学での「在日本ネパール大使・ラナ氏の講演会」が行われました。


 講演会に参加した学生からは積極的に質問も飛び出すなど、ネパールへの関心度の高さが伺えました。
(上の写真は長崎幸太郎山梨県知事を表敬訪問した際のものです)

長崎県知事と国際交流について意見交換
山梨学院生から質問。関心度も高い
山梨学院大学にてラナ対しによる講演
山梨学院学長室にて
山梨学院学長室にて打ち合わせ
勝沼ぶどうの丘からの眺めはカトマンズ盆地に似ている
日本舞踊を堪能しました。

第14次ネパール来日団 活動レポート

今年で受け入れ14回目となる、ネパール来日団が
2週間にわたる充実した日程を無事終えました。

女子生徒4名、引率期要員1名、通訳1名が首都カトマンズから来日し、
日本文化の体験やレジャー体験、学生との文化交流などを通し日本についての学びを深めました。

●1日目 2019年7月16日(火)
・ウエルカムパーティ(紅富士太鼓にて)
 

●2日目 2019年7月17日(水)
 午前・深城ダム見学
 午後・流し素麺・浴衣着付け体験・大月市内観光
  

●3日目 2019年7月18日(木)
 午前・山梨市長表敬訪問
 午後・山梨北中学校訪問交流
 

●4日目 2019年7月19日(金)
 午前・大月市長表敬訪問
 午後・山梨県知事表敬訪問
 

●5日目 2019年7月20日(土)
 午前・広島県 原爆資料館視察
 午後・廿日市市けん玉ワールドカップ視察
 

●6日目 2019年7月21日(日)
 午前・宮島視察
 午後・折り鶴奉納、移動
 

●7日目 2019年7月22日(月)
 午前・静岡県三島市内見学
 午後・源兵衛川環境整備体験
 

●8日目 2019年7月23日(火)
 午前・海水浴
 午後・伊豆三津シーパラダイス

●9日目 2019年7月24日(水)
 午前・グローバルガーデン整備体験
 午後・環境保全レクチャー
 

●10日目 2019年7月25日(木)
 ・富士急ハイランド

●11日目 2019年7月26日(金)
 午前・書道体験
 午後・富士山の銘水株式会社見学
 

●12日目 2019年7月27日(土)
 午前・YBS見学
 午後・忍野村訪問
 

●13日目 2019年7月28日(日)
 ・さよならパーティ(紅富士太鼓にて)
 

●14日目 2019年7月29日(月)
 ・大月短期大学訪問
 ・大月ロータリークラブ訪問
 

今回も無事に全日程を終了する事が出来ました。
ネパールの学生のこれからの活躍に期待したいです。

ご協力頂きました皆様、大変ありがとうございました!

第14次 ネパール交流団 来日しました

2019年7月16日(火)~7月30日(火)まで、ネパールのカトマンズから

学生4名、引率教員、通訳合わせて6名が来日しています。

 

今年で受け入れも14回目を迎え、紅富士太鼓の拠点となる大月市を拠点に、

大月市長や山梨市市長、県知事への表敬訪問をはじめ、

山梨や静岡の文化や自然に触れながら、学生同士の交流も行います。

 

そして今回は広島へも訪問し、「けん玉ワールドカップ2019」への参加や原爆資料館の視察など

盛りだくさんの予定となっております。

 

体調に気を付けながら良い交流事業となるようサポートします!

 

7/16 紅富士太鼓道場にてウエルカムパーティ

紅富士太鼓メンバー、今回の訪問のサポートメンバーと歓迎会

 

 

7/17 大月市内観光・日本文化体験

   

 

第14次ネパール来日団予定表 190719版

第14次ネパール来日団予定表 190719版(English)

2019.4 日本教育文化センター開設

●日本語教育事業●

今回は2019年3月31日から4月4日にかけて
「日本教育文化センター」の開設式にあたりネパールを訪問しました。

センターは長年ネパールの教育事業に精通しているシトウラ先生のバグマティ学校内に開設し、
高度な日本語教育と、日本文化・歴史など幅広い知識も学生に教えます。


センター開設に向けた打ち合わせ

4月2日にはセンターの開設式を行い、日本側から平口法務副大臣、遠山衆議院議員、長崎山梨県知事より
メッセージを頂戴し、日本大使館より西郷大使もお越しいただきました。
ネパール側からも国会議員の皆様や、日本大使館より西郷大使もお越しいただき、
大勢の皆様からお祝いいただいたこと、この場でも大変感謝申し上げます。

 
       バグマティ学校校内にて開式

 
     【石岡博実】         【渡辺 豊博】
    紅富士太鼓 会長    ネパール日本友好協会 教育アドバイザー
ネパール日本友好協会 名誉会長  グラウンドワーク三島 専務理事


    【西郷 正道】
  駐ネパール特命全権大使

「日本教育文化センター」では引き続き受講する学生を募集し、
ネパールで初めての日本語高等教育を実施します。

卒業後は、日本の大学や専門学校へ入学を推奨するなど、
優秀なネパール人の若者のさらなる可能性を支援するサポート体制づくりの充実化も図ります。

引き続きの皆様のご支援、ご指導よろしくお願い致します。

 

 

日本語学校オープンに向けて

●日本語教育事業●

現在、カトマンズでの「日本語学校開設」に向け、現地関係者との調整を行っています。
日程:2019年2月24日~28日 場所:カトマンズ

 
      私立学校であるバグマティカレッジの関係者と打ち合わせ

 
トリプバン大学ビソバサキャンパス副学長と打ち合わせ

 
    やさしさ日本語学校訪問       ビソバサキャンパス日本語学科訪問

日本語のエキスパートを養成すべく、日本語だけに関わらない日本文化や習慣など、
幅広い知識を学べる教育システムの構築を目指します。